当山の紅葉は、平安時代より有名でした。

西行は、「暮れはつる 秋のかたみにしばし見ん紅葉ちらすな三室戸の山」とうたい又、室町時代には近衛政家(太政大臣)が当山を訪れ 「処々の美景 もっとも他の在所と異なるなり」と紅葉の美しさを賞賛しました。

江戸時代になると「三室戸の紅楓」として宇治十二景として数えられ、多くの人が紅葉見物に訪れるようになりました。

11月下旬より12月上旬が紅葉の時期ですが、今では「隠れた紅葉の名所」「穴場的紅葉名所」としてゆっくりと紅葉を楽しんでいただけます。

京都 西国十番「三室戸寺」の紅葉情報をお知らせ致します。

11月27日の紅葉

2005年11月27日
いつもはもう散ってしまつている、いちょうも今年はまだ枝にしがみついています。三重塔の周辺の紅葉も赤くそまってきました。

se_koyo051127Img_1134.jpg

se_koyo051127Img_1136.jpg

se_koyo051127Img_1138.jpg

se_koyo051127Img_1141.jpg
posted by 三室戸寺 at 11:55 | Comment(28) | TrackBack(5) | 色づき情報

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。